妊婦は便秘になりやすい|改善するために必要な栄養素

女性

多くの妊婦を悩ませる便秘

女性

妊娠中はホルモンの影響により消化管活動が抑えられること、初期だとつわりにより食べられなくなり便量が減ること、後期だと子宮が大きくなり胃や腸が圧迫されることによって、妊婦の便秘は起こります。これらの対策として、朝起きぬけに冷水や冷たい牛乳を1杯飲む、食物繊維をとる、腸内環境を整える乳酸菌をとる、適度な運動をするなどがあげられます。しかし、妊婦は思うように動けないことや、思うように食事が摂れないことも多いものです。また、重度のつわりがあれば、さらに動くことは困難ですし、安静の指示があれば動いてはいけません。そういう場合は医師に相談し、便秘薬を処方してもらいましょう。決して市販の便秘薬を飲んではいけません。

世の中には、多くの健康食品が出回っており、便秘対策の食品も多くあります。しかし、これらの食品は、妊婦は摂取を控えるように記載されているのがほとんどです。腸の蠕動運動を刺激すると同時に胎児に影響があるものもあります。妊婦へのおすすめ健康食品は、オリゴ糖です。オリゴ糖とは、乳酸菌のえさになる糖で、普通の砂糖よりカロリーも控えめです。普段使っている砂糖をオリゴ糖に置き換えるだけで、手軽に便秘対策ができます。ただでさえ、食物繊維豊富な野菜をたくさんとることは難しいので、妊婦向けの健康食品を上手に活用する方は、今後も増えていくと思われます。自分でできる便秘対策を行い、それでも改善されなければ妊婦向け健康食品を頼りましょう。